『GINGER』2024年3月特別増刊号(幻冬舎刊)の表紙を飾る沢尻エリカ

 俳優の沢尻エリカが、22日発売のファッション誌『GINGER』2024年3月特別増刊号(幻冬舎)の表紙を飾ることが15日、発表された。撮影のコーディネートは全部で4ルック。フェミニン、マスキュリン、ラグジュアリー、コケティッシュと、それぞれのスタイリングのムードを即座に理解し、見事に演じ分けたビジュアルで構成。さらに活動再開を決めた胸の内、これからの展望について同誌だけに語っている。



 取材当日はまずは撮影からスタート。事前のコーディネートチェックの後、ヘアメイクを済ませ、カメラの前にスッと現れるとシャッター音に合わせて、ドラマティックに完璧なポージングを決めていき、洋服の雰囲気に合わせて指先、足先まで意識を行きわたらせ、ブランクは一切感じられなかった。

 撮影は予定時間よりも早めに終了し、その後にインタビューがスタート。今回の活動再開にあたり、沢尻の背中を押したものは何だったのか。沢尻は「いろいろですね。本当にいろいろ」そう呟いて、間を置いたのちにゆっくりと今の自分の想いを語っている。

 また第二章の幕開けとして沢尻が選んだ、来年2月から始まる舞台『欲望という名の電車』については「不安半分、楽しみ半分というのが正直なところ。今は入念に本を読み込んでいる最中」と本音を吐露。また「この舞台に向けて一点集中。というのも、演技の世界に戻ると決めた今、私のなかに初めて“夢”ができたんです」と心境を明かした。