ピンボールユニバース 戦艦大和2202

2023年
12月26日 火曜日
本・出版
リラの花と戦争
リラの花と戦争
戸泉米子 著 300P995円(税込) 戸泉米子さんはロシア極東ウラジオストクにあった「浦潮(うらじお)本願寺」の最後の住職の妻で、生涯を日ロ親善に捧げ2009年に96歳で亡くなった。戦後帰国した後ウラジオストクを訪ね歩き本願寺の跡地を見つけた。この「リラの花と戦争」は戸泉さんの自伝。旧ソ連でのスターリン時代の恐怖の粛正や、敗戦直後の日本人捕虜の収容所生活など過酷な体験を生々しく描いた日本人によるスターリン粛正の見聞記は極めて珍しく、シベリア抑留兵士の日常も通訳としての客観的な目を通じて紹介されており、研究者からは貴重なドキュメンタリーとして評価されている。父と慕った伯母の夫のロシア人らが次々と無実の罪で犠牲になっていった現実も伝えている。終戦時の旧満州とウラジオストクでの収容所暮らしも鮮烈につづられている。
【購入はこちら】

※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

第二十二回平成独楽吟
第二十二回平成独楽吟
福井市110円(税込) 平成28年度(第22回)の入賞作品と、審査員長による評を掲載。入賞者の日常に訪れた「たのしみ」について触れることができる内容となっています。
【購入はこちら】
第二十一回平成独楽吟
第二十一回平成独楽吟
福井市110円(税込) 平成27年度(第21回)の入賞作品と、審査員長による評を掲載。入賞者の日常に訪れた「たのしみ」について触れることができる内容となっています。

【購入はこちら】

第二十回平成独楽吟
第二十回平成独楽吟
福井市110円(税込) 平成26年度(第20回)の入賞作品と、審査員長による評を掲載。入賞者の日常に訪れた「たのしみ」について触れることができる内容となっています。

【購入はこちら】

第十九回平成独楽吟
第十九回平成独楽吟
福井市110円(税込) 平成25年度(第19回)の入賞作品と、審査員長による評を掲載、入賞者の日常に訪れた「たのしみ」について触れることができる内容となっています。

【購入はこちら】

第十八回平成独楽吟
第十八回平成独楽吟
福井市110円(税込) 平成24年度(第18回)の入賞作品と、審査員長による評を掲載、入賞者の日常に訪れた「たのしみ」について触れることができる内容となっています。

【購入はこちら】

第十二回平成独楽吟
第十二回平成独楽吟
福井市110円(税込) 平成18年度(第12回)の入賞作品と、審査員長による評を掲載。入賞者の日常に訪れた「たのしみ」について触れることができる内容となっています。

【購入はこちら】

第十一回平成独楽吟
第十一回平成独楽吟
福井市110円(税込) 平成17年度(第11回)の入賞作品と、審査員長による評を掲載。入賞者の日常に訪れた「たのしみ」について触れることができる内容となっています。

【購入はこちら】

第十回平成独楽吟
第十回平成独楽吟
福井市110円(税込) 平成16年度(第10回)の入賞作品と審査員長による総評を掲載。表彰式で行われた白川静氏(立命館大学名誉教授)の講演詳細も紹介しています。

【購入はこちら】

第九回平成独楽吟
第九回平成独楽吟
福井市110円(税込) 平成15年度(第9回)の入賞作品と審査委員長による総評を掲載。表彰式で行われた銅版画家の山本容子氏の講演詳細も紹介しています。

【購入はこちら】

第八回平成独楽吟
第八回平成独楽吟
福井市110円(税込) 平成14年度(第8回)の入賞作品と審査委員長による総評を掲載。表彰式で行われた作家の立松和平氏の講演の詳細も紹介しています。

【購入はこちら】

第七回平成独楽吟
第七回平成独楽吟
福井市110円(税込) 平成13年度(第7回)の入賞作品と選考公開審査の様子などを掲載しています。

【購入はこちら】

第六回平成独楽吟
第六回平成独楽吟
福井市110円(税込) 平成12年度(第6回)の入賞作品と選考公開審査の様子などを掲載しています。

【購入はこちら】

「平成独楽吟」 みんなで楽しむ橘曙覧 (第五回)
「平成独楽吟」 みんなで楽しむ橘曙覧 (第五回)
福井市110円(税込) 初めて公開審査を行った第五回(平成十一年度)の橘曙覧賞「楽しみは 時々校舎で すれちがう あなたにそっと あいさつするとき」など入賞作品を収録。公開審査会での講評、講演「橘曙覧とはこんな人」採録も掲載した書籍(平成十二年発行)を電子書籍として復刻したものです。

【購入はこちら】

第四回平成独楽吟
第四回平成独楽吟
福井市110円(税込) 第四回(平成十年度)の入賞作品集(平成十一年発行)を電子書籍として復刻したものです。橘曙覧賞の「たのしみは 枝打ち終えて 天に伸ぶ 直ぐなる杉を 仰ぎ見るとき」など70作品以上を収録しています。

【購入はこちら】

第二回・第三回平成独楽吟
第二回・第三回平成独楽吟
福井市110円(税込) 第二回・第三回(平成八・九年度)の入賞作品を掲載した合併版(平成十年発行)を電子書籍として復刻した作品集。第二回橘曙覧賞の「楽しみは 我だけが知る 胎動の 生命のいぶき 感じいる時」、第三回橘曙覧賞「たのしみは 吾子を抱いて 胸あわせ あたたかい命 感じいるとき」を始め、100作品以上を収録しています。

【購入はこちら】

わたしの橘曙覧論と平成独楽吟 (第一回)
わたしの橘曙覧論と平成独楽吟 (第一回)
福井市660円(税込) NHK福井放送局で開かれた地元研究者による「市民講座」5回分と第1回「平成独楽吟」の入賞、入選作を掲載。市民講座は曙覧の人柄や生き方、松平春嶽との人間関係などをテーマに語りの文体で採録したもので橘曙覧を深く知ることができます。20年前に福井県内ベストセラーとなった同名書籍(平成8年発行)をリフロー型電子書籍として復刻。

【購入はこちら】

全訳註独楽吟 橘曙覧 ひとりたのしめるうた
全訳註独楽吟 橘曙覧 ひとりたのしめるうた
橘 曙覧330円(税込) 福井に生きた幕末の歌人、橘曙覧。「独楽吟」は「たのしみは~とき」の形で詠まれた52首の連作の短歌で、まるで「こま」を回しながら遊ぶように曙覧の楽しみが詠み込まれており、貧しさの中にあっても心豊かに生きていた彼の生き様を窺い知ることができます。天皇皇后両陛下御訪米の際、米大統領が歓迎スピーチで「独楽吟」の1首を引用したことでも有名です。「独楽吟」の世界に触れやすいよう、1首ごとに註・歌意・解説を付けました。親交があった福井藩第16代藩主松平春嶽の「たのしめる歌」も掲載。自治体発行としては異例のロングセラーとなった書籍を電子化。

【購入はこちら】

「里山戦略」 福井新聞コウノトリ支局
「里山戦略」 福井新聞コウノトリ支局
福井新聞社編880円(税込) 福井県の里山にある築100年の古民家に設けた「福井新聞コウノトリ支局」。未来を担う子どもたちにすばらしい福井を残そうと福井新聞社が取り組む「みらい・つなぐ・ふくい」プロジェクトの取材拠点です。連載「里山戦略」は、支局員が里山暮らしをしながら続けてきた体験的な取材や、田舎に身を置くことで感じるようになった問題意識、獣害など里山が近年抱えている課題、またグリーンツーリズムや再生可能エネルギーといった新しい流れを踏まえ、全国を巡り、持続可能な里地里山の守り方や活用法を探ったものです。※福井新聞社「みらい・つなぐ・ふくい」プロジェクトは2014年度新聞協会賞を受賞しました。

【購入はこちら】

「里山発いのちの環」 福井新聞コウノトリ支局から
「里山発いのちの環」 福井新聞コウノトリ支局から
福井新聞社編880円(税込) 福井県の里山に「福井新聞コウノトリ支局」はある。開発や農業の現代化によって絶滅した「コウノトリ」の名前を冠した支局に記者が暮らし、農業をしながら、社会をみつめた連載「「里山発いのちの環」(わ)」。生き物の命を育む水田の役割や、過疎が進む集落の今を見つめ、さらに、種(たね)の品種改良や遺伝子組み換えの現場、消えゆく伝統野菜の現場を訪ねた。農薬を使わない農業の理念、消費者の役割も考えながら、たどり着いた豊かな社会とは。環境に対する考え方やかかわり方は、生きてきた「環境」によって千差万別。今を生きる人間にとって、環境や自然とどうかかわっていくことが「よりよい」のか。

【購入はこちら】

お申し込み・お問い合わせ
福井新聞社 営業事業局TEL:0776-57-5180
FAX:0776-57-5189
書籍の購入について
1.電子書店サイトへのリンクをご案内しています。
2.電子書店によっては、入会手続きが求められる場合があります。ご了承ください。
福井の未来をかなえるクラウドファンディング「ミラカナ。」

-
ふくショク!

Pick Up
迫る新幹線時代 福井飛躍のチャンス
ギモンや情報を待っています!【ふく特】
無料!脳トレゲーム
ペットの悩みや疑問 獣医師が答えます
通報入りました!「敦賀海保日誌」
杉本彩さんのEva通信
連載コラム「『死にたい』と向き合って」
ミラカナ 福井特化のクラファン







福井新聞からのお知らせ
【D刊10周年】抽選で豪華プレゼント!【D刊10周年】抽選で豪華プレゼント!